有機栽培の大麦若葉が原料で毎日続けられる緑健の青汁

有機栽培の大麦若葉が原料で毎日続けられる緑健の青汁

肉食中心の食生活が一般的になり毎日の食事で野菜を十分に摂取する事が難しくなっています。
健康的な毎日を送るためにはバランスの良い食生活が重要になるので近年健康食品への需要が高まっています。
緑健の青汁はその中でもお勧めの健康食品です。
緑健の青汁はビタミンや食物繊維など毎日の食事で不足しがちな栄養素が豊富に含まれている大麦若葉を主原料にしているのがその理由です。
大麦若葉はすべて国内産で農薬を使わない有機栽培なので毎日安心して飲み続けられます。
大麦若葉は独自の製法で栄養を損なう事なく粉末加工されています。
品質管理の徹底されたクリーンな工場では人の目による厳しいチェック体制も整っています。
冷水にも温水にもすぐ溶けるのが特徴で、抹茶を配合しているので青汁特有の青臭さもありません。
緑健の青汁が大麦若葉にこだわるのは様々な栄養素が豊富に含まれているからですが、1日分には魚数匹や野菜数個分の栄養成分が含まれています。
商品はいくつかの種類がありますが持ち運びのしやすいアルミ分包になっていて牛乳だけでなく料理とも相性が良いのが特徴です。
食物繊維や乳酸菌が絶妙なバランスで配合されているので日常生活に必要なすべての栄養素をバランス良く摂取できます。
こちらに自分に合った青汁の選び方や摂取時のポイントなどがかいてありますので参考にしてください。


有機栽培されている大麦若葉http://www.italiamobile.net/oom.htmlは九州産が主原料になっていますが、有機栽培が行われている土地は生き生きとしていて土の美味しさが感じられる特徴があります。
土が美味しいというと不思議に感じられるかもしれませんがそれぐらいこだわって作られている大麦若葉が主原料なので毎日続けられるのです。
空気も新鮮で日照時間も長いので若葉の成長は驚くほど早くなります。
そのため収穫のタイミングが重要で経験豊富な生産のプロが鮮度の高い大麦若葉守るために日々奮闘しています。
国の認定を受けた有機栽培の畑では除草剤を一切つかっていないので手作業で雑草を除去しています。
認定を受けるには国が定めた基準をいくつもクリアしないといけませんがこだわりを持って大麦若葉の生産が続けられています。
認定をクリアした農産物は総生産量の1%にも満たないのでその凄さがわかります。
緑健の大麦若葉は収穫して時間が経過すると鮮度や栄養素が損なわれるため有機栽培を行っている畑の近くに一次加工工場が置かれています。
すばやく加工処理されるので品質の高さが保たれています。
二次加工では雑菌の進入を防止するクリーンルームに専用の空調を導入して清潔な環境を維持しています。
子供からお年寄りまで人気があるのが納得できます。

こちらhttp://aopon.jp/a_vs.htmlの青汁も人気が高く、おすすめなので是非一度試してみてください。